置き引きにあって分かった犯罪への無力さ体験

本日財布を置き引きにあってしまいました。

警察などにお世話になってわかったことをブログに書いてみたいと思います。

 

忙しい人にむけた今回のお話のまとめ

  1. 置き忘れに注意しよう!
  2. 財布をなくすと非常に面倒!
  3. 置き引きって捕まらない犯罪!!警察は動かない

今回のお話

カフェでいつものようにドヤ顔マックするためにカフェでいつものように頼む

PCと財布をだしてしばらくマックをいじっていると

あ!電源ほしいってことでそこは一部の席だけ電源が使えるカフェだったので

そこにすっと移動 〜長いテーブル型の席で約2席ぐらい隣に座った

 

ここですでに俺は財布を元の席に忘れている←はい、悪手

この忘れたっていうのが悪いってのはあるんだけどねえ、財布はしっかり確認大事

 

まあしばらく開発していて、すこしすると元いた席に人がきた。

間接視野っていうのか人相も服装もぱっとしないけど誰か来たのがわかったんだよね

その男(おそらく)は席に座ろうとしたけど、座らずにすぐにどこかへいってしまった。

あ、座らないんだとかまあすこし思った程度だったんだ

・・・ここでもっと動いていればorz

 

それから3分ぐらいして、、、まてよ俺財布どうした!????!!!??

と急に思う!!

かばんとかまわり探してもどこにもない!まてよ!!はっ!!

そこでさっき思った行動が一気にフラッシュバック!!

財布があったから席変えたんだ!!!!!!!!!!!!

いそいで店員に財布届いてないか聞く!すぐどっかいったってこともあって

きっと届けたんだろう!という期待を込めたが・・・・・・見つからない

状況をすぐに説明

元の場所からふたつ離れたところにおいていた

それを拾ったような人がいるのを見ていた

だからその人を監視カメラで探してくれ

 

幸い監視カメラがすぐそばにあったので、これで大丈夫だろうと思ったが

そうは問屋がおろさない

監視カメラ自体はみせてもらえなかったけどもお店の説明は

  • 確かに拾ったような仕草があるが、財布かどうかはわからないからなんとも言えない
  • その人はすぐに店から出て行ってしまった
  • もうこちらではどうしようもないので警察に紛失届けとして出してくれ

店から出て行ったと聞いて、あぁやられたなと思いつつしぶしぶ警察へ

 

最寄りの警察に到着

まあ監視カメラにうつっているしすぐ捕まるだろうと楽天的な考え

警察に話をしながらまずは使われないように財布のカードを止める

そしてそのお店へ直行

 

警察いながらお店入るのを少し恥ずかしがりながらもそんな場合ではない

被害額はおよそ2万6千円とカードたち

決して安くはない、いざ監視カメラへ!

 

と思いきや監視カメラを見れるのは警察だけとのこと

なんでだ?と思いながら警察をまつ

 

帰ってきた警察に店を出て説明を聞くと

  • 確かに拾っているが、もしかしたらその人は交番に届けるかもしれない
  • ここで被害届を出してしまうとその人の人生に関わるのでやめよう
  • 残念でしたね

その時はそれを聞いてとりあえず見つからないという事実にがくぜんとしていた

紛失届けを書いて警察から出てしばらくたって少し冷静になる

 

一つの疑問

 

なんで置き引きしたやつの人生考えなきゃならんのだ?

だって財布が落ちててそれを拾って店に届けない時点で盗む気まんまんだろう?

こっちはそのせいでカードとめて再発行の手続きして現金も失ってとかしてるのに

 

財布をなくしたあとのカードはえぐい

  • 金融機関口座のキャッシュカード二つに連絡して停止のお手続き
  • それぞれ再発行しにいくのに印鑑通帳パスポートを持って向かう
  • 再発行量1000円ずつ
  • 免許書の再発行は運転訓練所までいかなきゃいけない
  • 3500円も取られる
  • よどばしやTカードを再発行

やっている内に怒りがこみ上げる

紛失届けではなく!!盗難出してもらおう!!

その怒りをもったまま警察へGO!

 

再び交番へ

再び同じ交番につくと先ほど担当してくれた人を発見

こちらの怒りの原因を説明、簡単にまとめると

俺「財布を拾ってそこで届けず店をすぐ出た時点で悪意がないか?となので被害届にしてくれ」

 

それに対する警察の返答は

警察「すぐ店を出たからって悪意があるかはわからない、その人がたまたますぐでたのかもしれない」

 

なので、反論

俺「でも例えばカフェでバッグをおいていて、それをもって店に出たら明らかに悪意がないか、この場合でも罪に問われないのか?」

 

この反論はまさかのものだった

警察「その人がその時どう考えているかはこちらではわからないので罪にはなりません、よく地元に届けようとか思う人いますよ

 

まじかよ

 

ここに置き引きがやばいぐらい優秀な犯罪であることが分かってしまった。

つまり、おいてあるものをどんなに盗っても

「いやおとしものを地元に届けようとおもってー」って言えば終わり

その場でお金だけとるとかの行為を行わずその物自体をとっちゃえば絶対捕まらない

 

だっておとしもの届けるんだもん

 

拾ってどっか見つからない場所にでもポイすれば終わり

もうそれでばれません

犯罪にならないから、最悪割れてもおとしもの届けようとして落としたって言えばいいんじゃないかな

 

それに対して反論しようとしたら、ちょうどナイフで刺された事件が起こってたらしく警察「忙しいので今はもう終わりにしてください。もっと話したいなら電話番号かいて」

まあ電話はこなかった

置き引きのやばさを実感しながら外に出ようとすると

警察の中のおそらく事務っぽい人が

「今はちょっと忙しいみたいだから後でまた話してね。もしかしたら被害届け出せるかもしれないから」

ちょっと愕然としてた心が救われながらその場を後にした。

まあ刺されたなんて起きてたなら対応して欲しいしね、そこに犯人もいたらしいし

内心こいつがとったんじゃとか思ってたけど

 

今回のブログでいいたいのは

財布のめんどくささでもなく、別に警察の対応が悪いとかじゃない

警察官は実際店に来てくれたし、最後は忙しいならしょうがないと思う

 

でも取られたって思うところを被害者の自分がみてて、

監視カメラにも映っているし、その後すぐ店をでて届けてもいない。

それでも罪にならない置き引きってどうなんだ?

ってこと

 

こんなのしたもんがちじゃないかってレベルでやばい

現行犯で置き引きしたところみつかっても

だれかの忘れもので警察に届けようとしましたーって言えばいいからね

万引きとかと違って外に持っていても店とは関係ないし、自由自由

 

 

まとめ

置き引きは犯罪っていうけど盗られてもほとんど絶対捕まらない犯罪です

それどころか捜査もされないし、自分がなくしたのと一緒です。

 

カフェとかで場所取りに荷物を置いたりする人は

置き引きされたとき全て失うだけでどうしようもないってことを覚えておいてください

世の中いい人ばかりじゃないのだなぁ

みなさんも注意してくださいね

 

離れるとアラーム WSA600

離れるとアラーム WSA600

 
盗難防止アラーム(置き忘れ防止・迷子防止)

盗難防止アラーム(置き忘れ防止・迷子防止)